ものぐさミニマリスト、ミニマルを仕組み化する。

あまりの物欲に、1周半回ってミニマリストになってみたNairが綴る、シンプルライフのコツ。

お金をかけずに洗濯モノを畳む時間を半分にする方法①

スポンサーリンク




こんにちは、ものぐさミニマリストのNairです。

今週は中途半端に空き時間ができたので、昨日に続いて記事をアップ出来そうです(^^)

 

f:id:nair0life:20170122205842j:image

 

 

洗濯モノを畳む時間を半分にしたくなった理由

転勤により、仕事は3倍に、通勤時間は5分から1時間に。

ちなみに残業代は出なくなりました★

ひでぶーな感じです笑

 

自分の時間を捻出するために、仕事と家事の効率化をするしかない!

と、自宅のミニマル化は一時停止しています。

 

生きている以上、必ず発生する(しかも繰り返しね)家事を、なるべく省力化できないかなあと思い至り。

家事をビジネス脳で、仕事を家事脳で考えれば、新しい視点で改善ができんじゃね?という仮説を立てたのがそもそもの始まり。

 

 

洗濯物畳みを俯瞰してみる。

 

洗濯物を畳む際の課題を紙に書いてまとめてみました。 

 

  • それなりに場所とる。

  →広い場所を予め確保しておくほうが効率良さそう。

 

  • 靴下の片割れを探すのが面倒。
  • 種類によって畳み方が微妙に違う。

  →畳む種類や、工程が異なるモノごとに、予め分けてしまおう。

 

  • 洗濯物を畳んで仕舞う際に、崩れるなどで畳み直しが必要な場合あり。

  →手戻りがないように、下着類はすべてミリタリーロールで畳んでしまえばいいや。服は全部ハンガーにかければいいし。

 

f:id:nair0life:20170122205143j:image

 

わたしの場合はこんな感じですが、そのお宅により事情が異なるので、課題も異なると思います。

 

 

 

省力化の結果

 

20分以上かかっていた時間が、10分で終わるようになりました。

洗濯物を畳む前に電気ポットを稼働しておき、空いた時間で紅茶を淹れて。

ホッと一息つくことができました。

 

f:id:nair0life:20170122211530j:image

 

わたしの作業工程は、次の記事に続きます。

 

 

 

 へびあしサンと、あとがき。

明日も更新出来るといいなあ。

どうやって時間を捻出しよ。