ものぐさミニマリスト、ミニマルを仕組み化する。

あまりの物欲に、1周半回ってミニマリストになってみたNairが綴る、シンプルライフのコツ。

【断捨離】ちびっこの10年分のおもちゃ(魔窟)

スポンサーリンク




こんにちは、ものぐさミニマリストのNairです。

10月までは不定期更新になりそうです、、、。

ネタはあるのに、記事にまとめる時間的余裕がありません泣

 

今週末は、ちびっこ(9歳男児)の部屋の片付けの仕組み作りを考えました。

 

 

 

家族のモノへのスタンス

 

基本的に、家族の持ち物に対して干渉しません。

ちびっこのおもちゃも、「クローゼットに入っていればOK」「1つ家に入れたら、1つ手離す」「翌朝にクローゼットから出ているおもちゃは捨てる」と最低限のルールだけ約束して、あとは細かくチェックしていませんでした。

気付けば、1.5畳分のクローゼットに、おもちゃがぱんぱん。

 

 

おもちゃを半分に減らす

 

10月から生活スタイルが変わることを機に、クローゼットの半分を空けることにしました。

居間のベビータンスに置いてあった服を、クローゼットにかけることにしたからです。

 

いきなり「おもちゃを半分に減らして」と、なかなかの無茶振りをされたちびっこ。

わたしは、片付け易い仕組み作りを考えたり、アドバイスをしたりしますが、基本的に干渉はしないつもりです。

自分が子どもの時に、本当に気に入っていたモノを勝手に親に捨てられたことがあり、今でもその時の風景や感情まで、鮮明に覚えているからです。

 

半分に減らす過程のなかで、ちびっこなりにモノに対する気付きがあれば良いなあと思っています。

 

 

現在のおもちゃの量

 

以下、魔窟です。閲覧注意。

 

 

 

現在の状態。

現状把握のため、一部のおもちゃをクローゼットから出してもらいました。

 f:id:nair0life:20160828074141j:image

 

f:id:nair0life:20160828074156j:image

クローゼット内にはおもちゃが山積。

 

 

クローゼット内にカラーボックスを入れ、「そこに入るだけ」戦法でいこうと思います。