ものぐさミニマリスト、ミニマルを仕組み化する。

あまりの物欲に、1周半回ってミニマリストになってみたNairが綴る、シンプルライフのコツ。

明日旅立つと思えば、必要なモノはそう多くない。

スポンサーリンク




こんにちは、ものぐさミニマリストのNairです。

9月末で都心のマンションを引き払い、地方の家で過ごすことになりそうです。

先日、少し早起きしたので、10月からの暮らしを想定した断捨離を始めました。

f:id:nair0life:20160622181442j:plain

 

 

あんなに欲しかったのに、きっと使わなくなるモノ。

 

ジミーチュウのヌードパンプスと、ロエベのサークルバッグ。

あんなに欲しくて、お金を貯めて購入したのに、10月以降の出番が想像出来ない。

 

f:id:nair0life:20160531204630j:plain

f:id:nair0life:20160714125931j:plain

 

これらの代わりに、消耗品としてのバレエシューズと、トゥミのビジネスバッグが必要になりそう。

 

歩行距離が今より増え、車を運転しての出張が増えると思います。

なので、6センチのピンヒールでは、対応が難しい。

 

また、分厚いファイルや資料を持って、イベントや研修に参加することも増えそうです。

サークルバッグでは対応出来ません。

 

パンプスとバッグは、残念だけど断捨離の対象になりました。

 

また、洋服も今よりカッチリする必要があるので、カジュアル感が強いモノは見直さないといけないです。

 

 

明日旅立つと思えば、必要なモノはそう多くない。

 

最小限での旅が、好き。

パズルのピースをはめるように、最小限のモノの組み合わせが決まると、とても嬉しくなります。

 

トランクにたくさんの「欲しいモノ」を詰め込んで旅するのも楽しい。

でも、「必要かつ欲しいモノ」だけの旅は、身軽な分、五感をフルに使えそうな気がします。

 

生きることも、これと同じなのかな。

と思い、「明日、この部屋を引き払って旅立つとしたら、これ、持っていく?」と自問自答しながらモノを見つめることで、更に断捨離が進みました。

 

去年の今頃と比べたら、モノは半分以下になりました。

テレビもPCデスクも、トースターもベッドもありません。

服は21着、くつは6足、バッグは6個。

食器は6枚、鍋は2つ。

でも、まだまだ減らせそうです。