読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものぐさミニマリスト、ミニマルを仕組み化する。

あまりの物欲に、1周半回ってミニマリストになってみたNairが綴る、シンプルライフのコツ。

断捨離を失敗したくない人のための「お試し断捨離」。

スポンサーリンク




こんにちは、ものぐさミニマリストのNairです。

今日は、断捨離したい!でも失敗したくない!そんな貴方のための「断捨離の仕組み化」についてご紹介します。

ミニマリストへのハードルはそんなに高くない^^

f:id:nair0life:20160714125931j:image

 

 

「お試し断捨離」とは。 

 

この記事を書くにあたって、名前を付けてみました。

他にも同じことを提唱されている方は多いと思いますし、この名前が正しいのかどうかは分かりません。

 

要は「もしかしたら要らないかも」という断捨離予備軍を目につかない所に移動させて、それが無くても普通に生活出来るかどうかをお試しするんです。

わたしは、高価なものを断捨離する場合や、断捨離に迷った時(ほとんどないのですが)に実施します。

 

 

お試し断捨離の手順(一例)

 

準備するもの

  • 段ボール

  • 段ボールを一時的に収納するスペース
    玄関に近くて、目につきにくいところだと尚可

  • 携帯電話
    スケジュール機能があるのもなら何でも良い

 

手順

  1. 段ボールを用意する

  2. もしかしたら要らないかも。。。の「断捨離予備軍」を1の段ボールに入れ、封印する

  3. 段ボールを、目につかないところに収納する

  4. 携帯のスケジュール機能で、1ヶ月後くらいに断捨離するか否かをリマインド
    例「●●に収納しておいた段ボール、捨てる?」

  5. 1ヶ月くらい不便を感じなかったら、断捨離しても良いものと判断し、処分する

 

季節のものは、リマインドの期間を1ヶ月ではなく1年にしても良いかも知れません。

 

 

Nairの現在進行形「お試し断捨離」

 

以前の記事にも書きましたが、ジバンシーのショルダーバッグとコーチの斜めがけ2wayバッグを断捨離して、替わりにロエベのパズルバッグを導入したいと考えています。

ホントウは冠婚葬祭用のハンドバッグも併せて断捨離したかったのですが、それは諦めました。

 

nair0life.hatenablog.com

 

今まで、ジバンシーのショルダーバッグにオンもオフも依存しきっていたので、 「仮にこのバッグがなかったらどうなるだろう?」という視点でお試し断捨離をしています。

 

通勤バッグは、今まで主にカッコつけた仕事用&自宅での観賞用として使用していた、ロエベのサークルバッグをいきなり一軍に昇格させました。

 

今まで使用していたショルダーバッグに比べ、全くモノが入りません!

逆に通勤の荷物をミニマル化するチャンス^^

 

通勤に持ち歩いている荷物

f:id:nair0life:20160714125937j:image

  • ハンカチ
  • 手帳(ないと死ぬ)
  • リップ(KATEのCCリップ。優秀!)
  • ID(肩こりなので首には下げられない)
  • 財布(やはりでかい)
  • 晴雨兼用の傘(Nairが持っている唯一の傘)
  • スマホ

お弁当と水筒はサブバッグに入れて持ち歩くことにしました。

 

持ち歩くのをやめたモノたち

当初は防災ポーチも入れていました。

↓防災ポーチの記事はコチラ

nair0life.hatenablog.com

敬愛するミジンコさまのコメントより、「自宅まで歩いて帰れる距離なら、ムリに持ち歩かなくて良いんだ」と学習。

今の会社はスキップしても帰れる距離なので、平日は防災ポーチを持ち歩かないことに。

 

あとは、常備薬や読みかけの本、ティッシュ、メイクポーチも持ち歩くのをやめました。

常備薬やティッシュ、メイクポーチは会社のロッカーにも入っています。

なので、通勤時の敢えての持ち歩きは不要。

読みかけの本は、会社帰りにカフェに寄ることはないので、敢えての持ち歩きは不要。

 

環境が変わると、今まで当たり前のように持っていたモノがホントウに必要なのか、再考させられます^^

 

お試し断捨離はいつまで続けるのか

ロエベのパズルバッグを持った理想の自分を、直感で想像してみました。

 

ジミーチュウの溺愛フラットシューズを履き、

細身の濃紺ジーンズに、

ふわっとした白シフォンのカットソー、

ショートのパーマヘアで、颯爽と出かける自分が理想。

 

そんなわたしの肩にボディバッグとして無造作に揺れているパスルバッグの色は、ピンク。

 

・・・え、ピンク?

 

通勤用も兼ねたいので、黒か紺で検討し始めました。

でも、せっかくなので、別の色も検討したい。

そう思っていましたが、まさかピンクとは。

 

わたしは基本的に直感に従うほうですが、今回はさすがに思いあぐねています。

ビジネスカラーは皆サマご承知のとおり、寒色。

うちの会社では独身のオシャレな若い女子はピンクのサマンサを持ち歩いているようですが、アラフォーでピンクのバッグって、どうなんでしょうね。

 

小物だけは遊ぼうと思って、↑上の画像のとおり小物はすべて暖色系です。

仮にバッグをピンクにした場合は、バランスを取って買い替えが必要かなと思います。

(財布は祖母の形見なのでそうそう買い替えは出来ませんが)

 

ホントウに直感に従ってピンクのバッグを買って良いのか?

ホントウにジバンシーのショルダーバッグが無くても生活出来るのか?

1ヶ月かけて、じっくり考えてみたいと思います。