読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものぐさミニマリスト、ミニマルを仕組み化する。

あまりの物欲に、1周半回ってミニマリストになってみたNairが綴る、シンプルライフのコツ。

【妄想】欲しいバッグが見つかった時にする、アレ。(ロエベ パズルバッグ)

スポンサーリンク




 こんにちは、妄想ミニマリストのNairです(^^)

先日、バッグをさらに断捨離すべく、妄想&店舗に見学に出かけましたので、皆さまとシェアしたいと思います。

 

f:id:nair0life:20160511180948j:plain

現在持っているバッグたち6個。

一番上のバッグと、中段の左・真ん中のバッグの計3個を断捨離して、それに代わるバッグを導入したいと考えています。

 

 

バッグを見直すきっかけは、防災ポーチ。

 

先日、わたしの暮らしに防災ポーチを導入してみました。

増量約500グラム。

 

通勤の際は、こんなモノを持って歩きます。

  • 財布
  • 手帳
  • お弁当
  • 水筒1〜2本(残業の過多による)
  • その他細々したモノ

 

これにポーチ500グラムは、けっこう肩にきます。

ただでさえ酷い肩凝りが悪化しないか、不安になりました。

 

バッグを最低限の持ち歩き用と、お弁当や水筒、会社の資料を入れる用に分けたほうがいいかなと思い、バッグをリサーチしていました。

 

譲れないバッグの条件と気になるバッグ

  • 仕事に使うので色はビジネスカラーが基本
  • ハンドバッグ兼ショルダーバッグ(斜めがけ)の2way
  • 手帳(A5サイズ)とサイフ(馬鹿でかい)が入る
  • 防災ポーチが入る
  • 冠婚葬祭に使えると嬉しい(その場合はバッグの色は黒か紺)

これを満たすバッグなら買い替えたいと思っていました。

 

そして、いまのところ、このバッグが良さそうだなと思っています。

 

ロエベ パスルバッグ

ロエベのデザイナーさんが替わってから、すっかりアイコン化したパズルバッグ。

当初は「え?」と思って見向きもしませんでしたが、よーく見ると、使える要素満載。

http://www.loewe.com/media/catalog/product/cache/2/thumbnail/528x528/1ac472b2e3bed24f4b7f75082897d970/3/2/322.30.k74_5510_1f.jpg 

www.loewe.com

↑画像をお借りしました。 

これ、ハンドバッグでも、ショルダーや斜めがけショルダーでも、ボディバッグでもクラッチでも使える4wayです。

みんな大好き、way。

本革なのに、way。

ネットの情報によると「フォーマルもいける」と書かれてありましたので、もしかしたら冠婚葬祭もいけるかも。

 

 

ステキなバッグを見つけてしまうと、妄想スイッチオンです。

休日に、新聞紙と段ボール、セロファンテープなどをテーブルに準備して、アレを始めました。

 

 

欲しいバッグが見つかった時にまずするのは、アレ。

 

ミニマルな暮らしを始めて、2度目のバッグ購入検討です。

1度目はロエベのサークルバッグを購入しました。

http://www.fashion-headline.com/imgs/zoom/81317.jpg

 

www.fashion-headline.com

↑画像をお借りしました。

 

このバッグ(右端)を購入する際にも行ないました。

それは、「実物大の模型を作る」。

 

 

ロエベのパズルバッグも、わたしの手にかかるとただの立方体笑

f:id:nair0life:20160709173724j:plain

ミディアムとスモールの両方の実物大模型を作り、バッグに入れたい荷物が収容可能かどうか、サイズ感を妄想しました。

 

スモールでもミディアムでも財布と手帳と防災ポーチは入る。

ただし、スモールの場合はバッグの入り口(ファスナー)の開き具合によっては財布が入らない。

持ち歩く感じは、スモールのほうが可愛い。

 

いくら可愛くても、入れたいモノが入らないのでは意味がありません。

この工作作業で、収容できる可能性が高いことを確認してから、店舗に見に行きます。

 

 

いざロエベ店舗。

 

妄想キャパが満タンの状態で、ロエベに出かけました。

昔はハイブランドに出かけるなんて過呼吸になりそうでしたが、今は何とも思いません。

 

その場で購入するかどうかは分からないが、興味があるので出かける。

スーパーの試食と一緒です。

食べておいしかったら購入するし、そうじゃなければ買わない。

今回は予算や献立の都合で購入しないかもしれない。

でも、試食しなかったら、そもそも購入を検討する俎上にすら乗っかってない訳ですから、お店にとっても少なからずプラスなのかな、と思います(試食でお腹を満たすのが目的の方は別として!)。

 

ハイブランドも、実際に手で触れて試してみないと検討の俎上に乗っかれない。

雰囲気にビビってよくよく検討しないで買って後悔するよりは、スーパーの試食と同じ感覚で検討すると良いと思います^^

 

閑話休題。

 

ロエベでは、パズルバッグのミディアムとスモールを実際に手で触れて、財布を入れたりボディバッグ状にして背負ってみたり、具体的な使用用途を考えながら試しました。

 

もちろん、お店の方にお断りを入れてから、ですが。

 

段ボールや新聞紙で作った「妄想ロエベ」より革の素材が柔らかく、くったりしていたので、実寸よりサイズが小さく感じました。

スモールでは、バッグ入り口のファスナーの関係で、財布が入りませんでした。

フォーマルには使えますか?とお店の方に聞いたところ、カジュアル感が強いのでオススメしない、とのことでした。

売らんかなの店員さんだと「使えますよー」なんてテキトーなことを言って買わせちゃうんだろうけど、さすがロエベ。

 

実際に手で触れて確かめて財布を入れてみることで、妄想では分からないことが体感できました。

百聞は一見に如かず。

 

 

結局バッグは購入したのか?

 

その場で購入しても良いくらいステキなバッグだったのですが、バッグの色について考えるトコロがあったので、その日は購入せずに終わりました。

フォーマルで使えないのなら、奇抜すぎない程度色でも良いのでは、会社にギリ持って行ける程度の。

そもそも冠婚葬祭を兼ねるバッグって難易度高過ぎるから、フォーマルバッグは別枠で管理しても良いのでは。

ビジネスカラーのバッグは持っているので、どうせならオシャレな色のバッグが欲しい←これが本音

 

パズルバッグは毎シーズンステキな色が出ているので、焦らずに検討したいと思います。