ものぐさミニマリスト、ミニマルを仕組み化する。

あまりの物欲に、1周半回ってミニマリストになってみたNairが綴る、シンプルライフのコツ。

【ミニマルを仕組み化】ミニマリストのくせに弁当箱が5個ある理由

スポンサーリンク




こんにちは、ものぐさミニマリストのNairです。

我が家には、オットのだけ数えても、5個の弁当箱があります。

f:id:nair0life:20160611152026j:image

 

 

弁当箱が5個ある理由

 

ミニマリストのくせに弁当箱が5個もあるなんて、おかしくね?というウワサもあります。

毎週末に、翌週のお弁当をすべて作っているからです。

 

冷凍しても差し支えないおかずを3〜4種類作り、弁当箱ごと冷凍庫に入れておきます。

仕事の日はそのままお弁当を会社に持って行き、お昼にレンジで温めてから食べます。

モノの断捨離というよりは、時間の断捨離ですね。

 

全く同じおかずの日が無いようにするには、おかずを5種類作る必要があります。

しかし、一度に5種類作るのは面倒。

市販の冷凍食品も混ぜながら、ほどほどに手を抜いています。

辛くなると、続けられないです。

 

平日にお弁当を作る時間がない方、レンジが職場にある方にはオススメです。

我が家はオットが同じ日付のうちに帰れないことが多いため、弁当箱を5個使用しています。

常識的な時間帯に帰ってこれる方の場合は、お弁当箱は一つだけにして、週末に作りだめをした自家製冷凍食品を、毎朝弁当箱につめるように仕組み化しても、大分時短につながるのではないかなあと思います。