ものぐさミニマリスト、ミニマルを仕組み化する。

あまりの物欲に、1周半回ってミニマリストになってみたNairが綴る、シンプルライフのコツ。

【体験レポ】ミニマリスト的パッキング(1泊2日の出張)

スポンサーリンク




こんにちは、ものぐさミニマリストのNairです。

先日、泊まりがけの出張があり、ミニマリスト的パッキングをして出掛けました。

 パッキングしてみての実際の使い心地などを、記事として残しておきたいと思います。

 

ミニマリスト的パッキングの方法については、過去記事↓をご覧ください^^

nair0life.hatenablog.com

 

 

 スーツのインナーごと畳んでみた感想

スーツのインナーを畳む際に、下着やストッキングを入れ込んで一緒に畳んでみました。

f:id:nair0life:20160604202958j:plain

f:id:nair0life:20160604203247j:plain

 

荷物をとき、パッキングを開いてみると、他の下着類は全く問題なし。

でも、さすがにスーツのインナーはしわしわ。

f:id:nair0life:20160610210746j:image

パッキングのために折り返した裾が、横線のしわとなって現れています。

 

バスルームにハンガーごとかけておいたら、翌日には、しわしわはなくなっていました。

f:id:nair0life:20160610210754j:image

お手入れ要らずは化繊のメリットだと思う笑

f:id:nair0life:20160611065557j:image

 

次回、どこかに泊りがけの出張があった場合も、同じ畳み方で持っていきます。

ミニマリスト的パッキング、本当に便利です!

 

今週は試験的にオットとちびっこ(9歳男児)の下着類もミニマリスト的パッキングで畳んでみました。

1週間試してみての感想は、のちほど記事にしてみたいと思います^^

 

 余談:1泊2日のくせにボストンを持って行った理由

荷物は仕事用のバッグと、旅行用のボストンを持って行きました。

f:id:nair0life:20160610210823j:image

一泊二日にボストン?荷物が多くね?

そう思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

たしかに、仕事の荷物だけなら写真右側のバッグのみで充分。

仕事帰りに立ち寄るところがあり、ボストンにジーンズや本などを入れて持って行きました。

がっちがちのスーツで仕事帰りにふらふらするのは、さすがに疲れます。

 

ミニマリストというと「何でもかんでもとにかくモノが少ないヒト」というイメージですが、わたしは「目的があって、その中での最少を目指す(そしてその先に自分なりの在り方がある)」ことだと思っています。

 

わたしは、当初ミニマリストで在りたいと思った際、先輩ミニマリストさまのブログや書籍を拝読し、「モノ、多くね?これでミニマリストって言えるの?」と失礼ながら感じていました。

浅かったですね笑

 

ですが、自分で葛藤を重ねながらモノを減らしたり、時には増やしたりしながら、「最少」とはヒトそれぞれなんだなあと思えるようになりました。

 

なので、わたしが1泊2日の出張にボストンを持ち歩いたとしても、気にしないでください笑