ものぐさミニマリスト、ミニマルを仕組み化する。

あまりの物欲に、1周半回ってミニマリストになってみたNairが綴る、シンプルライフのコツ。

【余談】ミニマリスト的貯蓄・節約術②ほったらかし節約

スポンサーリンク




こんにちは、ものぐさミニマリストのNairです。

わたしは、積極的な節約・貯蓄はしてないけれど、お金のストレスがない状態です。

考えられる3つの理由のうち、1つ目は「モノが少ないこと」。

 先日の記事に書きました。

 

nair0life.hatenablog.com

 

今日は、2つ目の理由として「ほったらかし節約」について書こうと思います。

f:id:nair0life:20160607210021j:image

 

 

 

 

ムリがある節約は続かない

わたしは以前、「節約ブーム」の波に乗り、多くの節約主婦たちの本を読み、その内容を実践したことがあります。

長続きする節約メソッドもあれば、すぐに飽きるもの、実行のハードルが高過ぎて試しに実行することすらむずかしいもの。

 

人それぞれ得手不得手があるので、一概にどれがどうだこうだとは言えません。

ただ、ムリがある節約(ハードルが高いもの、苦手なもの、手順が覚えられないもの)は続かないと思ったほうが良いと思います。

 

 

ほったらかし節約

わたしは、放置しておくだけで節約になるもの、環境に優しそうな節約ネタしか実践しません。

ものぐさなので、マメなのは苦手。

工程を覚えるのもいや(3工程以上は無理です)。

節約効果が高いものでも、時間と手間を考えたら、プロにお願いしたほうがコスパが良い場合もります。

なので、もっぱら「ほったらかし節約」のみ実践しています。

わたしが主に実践しているものとして、3つ、書いてみます。

 

 

太陽光発電の恩恵

わたしは都市部と地方のデュアルライフ中です。

地方のお家には太陽光発電が搭載されています。

これなんて、ほったらかし節約の最たるもの。

光熱費は年間でゼロ〜少し黒字。

5月の電気代は2万円のプラス収支でした。

我が家は太陽光発電の売電価格が最も高い時期に搭載したので、蓄電するより売電したほうがオトク。

これから搭載する場合は、蓄電器もセットでつけたほうがよさそうですね。

 

 

コンポスト・発泡スチロール保温

某企業のサイトに、わたしが味噌汁の鍋を発泡スチロール保温をしている姿が掲載されています笑

ハンパ無くダサいので、良かったら探してみてください。

ちなみに、しばらく沸騰させてから発泡スチロールに入れるなど、食べ物が傷まない工夫をしています。

また、コンポストに生ゴミを入れ、ごみの減量兼肥料の節約を図っています。

お米は玄米で買い、家庭用精米機で炊飯の都度、精米しています。

その際の米ぬかをコンポストに入れ、発酵を促進させています。

 

 

家庭菜園は勝手に育つものだけ

平日は仕事をしているため、家庭菜園に手を入れていられません。

草むしりや手入れは週末に。

 

スナップえんどうやミニトマト、じゃがいも、二十日大根など、手入れをしなくても勝手に育つものだけを育てています。 

虫が苦手なので、葉もの野菜は絶対に手を出しません。

 

今はキッチンで育てる野菜キットみたいなものも売られていますので、観葉植物を兼ねて育てても楽しそうですね^^

 

 

次回は理由③シンプルな家計管理について語ろうと思います。