読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものぐさミニマリスト、ミニマルを仕組み化する。

あまりの物欲に、1周半回ってミニマリストになってみたNairが綴る、シンプルライフのコツ。

【ミニマルを仕組み化】洗濯を畳む時間を三分の一に短縮(時短ネタ)

ミニマルを仕組み化・効率化 食&住

スポンサーリンク




こんにちは、ものぐさミニマリストのNairです。

今日は、アメリカ在住のオシャレなミニマリスト、ぱぴこサマから教えていただいたライフハック技をもとに、わたしのものぐさ振りを発揮した、ミニマルの仕組み化をご紹介します。
 
↓ぱぴこさまのブログ。
 
f:id:nair0life:20160604201633j:image
 
 
 

 

仕組み化のきっかけ

わたしは、ブラジャーは手洗いしますが、それ以外の下着は洗濯から乾燥までを機械に頼っています。
 
キャミソールやスリップを畳む際、毎日身に付けるモノ(ショーツやストッキングなど)も併せて畳んじゃえば、『洗濯物を畳む』という時間が相当短縮するんじゃね?と思った次第です。
 
きっかけは、ぱぴこサマの、この記事。
 
我が家は登山の経験から、泊りがけの出張や旅行に出かける際は、下着を1つずつ畳んで、1日分ずつをジップロックや洗濯ネットに入れていました。
 
なので、ぱぴこサマの『全部まとめて畳んじゃう技術』を読み、そのあまりのシンプルさに驚愕しました。
複数泊には、絶対こちらのほうが、ラク。
来週、泊りがけの出張があるため、畳み方の練習も兼ねて、準備してみることに。
 
 

実践・ミニマリスト的パッキング方法

 
f:id:nair0life:20160604202744j:image
スーツのインナーでまとめてみます。
 
f:id:nair0life:20160604202819j:image
1.インナーの裾を折り返し、その上に下着やストッキングを置く。
※旅行や出張時はブラキャミを愛用してます
 
f:id:nair0life:20160604202958j:image
2.下着やストッキングを入れたまま、左右を畳む
上下もくるくる巻くか、折り畳む
 
f:id:nair0life:20160604203047j:image
3.最後は、1で折り返した裾をくるりと戻す
 
f:id:nair0life:20160604203247j:image
旅行用のアメニティバッグより、小さくまとまりました。
 
靴下を畳むように裾を折り返すので、最初は布地が伸びないかなあと心配でした。
しかし、よほど下手な畳み方でない限り、裾が伸びる心配はありません。
 
この畳み方、ハマりそうです。
 
 

ミニマルを仕組み化@洗濯

ここからがわたしのものぐさ本領発揮。
これ、普段の洗濯物を畳む時も同じ畳み方をしたら、洗濯物を畳む時短ワザになるのでは?と思った次第。
 
断捨離した結果、下着も少なくなり、なんとなくこのキャミソールにはこのブラジャー&ショーツ、みたいなテンプレが出来ています。
なので、
一度に畳んじゃえばラクじゃん。
ついでにストッキングも一緒に畳んじゃえばラクじゃん。
流石にブラジャーは一緒に畳めません(貧乳なので、カップが命です)。
ですが、キャミソール、ストッキング、ショーツを一度に畳むことで、三分の一の時短になりそう。
 
#わたしは、会社に肌色ストッキングしか履いていかないのでまとめてしまえますが、オシャレな方は、靴下は別に畳んだほうが良さそうですね。
 
 
畳んだ結果が、冒頭の写真。
↓再掲します

f:id:nair0life:20160604201633j:image

スリップやブラキャミでも、キレイに畳めました。
100均のブックスタンドを活用して、立てて収納します。

今まで、
1段目ブラジャー&ショーツ
2段目キャミソールやスリップ
3段目ストッキング
と引き出しを3つ使用していましたが、まとめて畳むことで1段空きました。
思いがけず場所の断捨離にもなりました(^^)
 
そして、今までは着替える際、毎回引き出しを3つ開けないと下着等を揃えることができませんでした。
これなら、引き出しを開けるのは2つ(この下着セットが入っている引き出しと、ブラジャーが入っている引き出し)だけになります。
畳む時間は単純に三分の一にはならないかもしれませんが、洗濯物をクローゼットにしまう時間や、着替えの際に取り出す時間を考えたら、三分の一以上の時短になっているような気がします。
 
 
この畳み方で普段の生活に支障がないか、一週間試してみます。
うまくいったら、オットやちびっこにも試してみようかな。
これにハンカチもセットで畳めたら、さらに時短になるなあ。。。