ものぐさミニマリスト、ミニマルを仕組み化する。

あまりの物欲に、1周半回ってミニマリストになってみたNairが綴る、シンプルライフのコツ。

【実家の断捨離】処分するモノをどう運ぶ?

スポンサーリンク




こんにちは、ものぐさミニマリストのNairです。

引き続き、実家の断捨離ネタで失礼します。
 
昨日の記事で、アジア象一頭分くらいのゴミを捨てたと書きました。
じゃあ、どうやって捨てたか?について、わたしの経験を備忘代わりに書きたいと思います。
これから実家の断捨離をされる方はもちろん、ご自宅の大掛かりな断捨離を予定している方の参考になれば嬉しいです。
 

 

準備

ゴミ袋と段ボール箱を大量に、そして雑巾とネジ回しなどの工具も準備。
 
ゴミ袋は、想定する5倍くらいは多くて良いと思います、ゴミの分別を真面目にすると、意外とゴミ袋が足りなくなるので。
 
段ボール箱は、食器などのワレモノを処分する際にあると便利。
新聞紙もあると安心です。
#余談ですが、食器は重いので、大きな段ボールだと捨てるのに難儀します。
 
掃除も兼ねた断捨離なら、手元に雑巾があると、取り敢えず拭けるので便利。
ネジ回しや六画レンチは、意外と使います。
 
KTC (京都機械工具) L型 六角棒レンチ セット HL107

KTC (京都機械工具) L型 六角棒レンチ セット HL107

 

 

 

実践

わたしの場合は、●●捨てるよ、と、必ず声をかけました。
例えば『お風呂マット、洗い替えの2枚を残して、あとは全部捨てるよ』『ここにある本、捨てるよ』など。
勝手に捨てると後でトラブルになるので、面倒だけどそこは徹底しました。
 
客観的に見て100パーセント使わないモノに対しても、必要以上に処分を強要することはしませんでした。
ただ、『誰かにあげる』『いつか使う』は、それが誰なのか、使うのはいつなのかを明確にさせ、その場で『●●さんにあげるモノを入れる紙袋』を作り、そこに入れさせました。
 
ゴミ袋がいっぱいになったら、玄関や車庫などに持っていき、ゴミの種類ごとにまとめておきます。
わたしの父母宅の場合は、屋根付きのウッドデッキがあったので、そこにまとめておきました。

f:id:nair0life:20160521171423j:plain

あとがラクだし、「片付いてる感」があるのでモチベーションも上がりました。
 
 

処分

自家用車が大きな方は、その車に積んで清掃センターに行けば良いです。
事前に清掃センターが開いている日を調べ、時間を逆算して断捨離を開始すると効率がいいと思います。
 
断捨離したその日に清掃センターまで持っていきモノを減らさないと、片付けの達成感が得られず、テンションが上がりません。
一度、断捨離に集中しまくって清掃センターが開いている時間に間に合わず、1週間ほど、大量のゴミを車庫に置いておかなければならない状況になったことがあります(あの時の後ろめたさといったら!)。
 
わたしの場合は、父母の家の車がミニバンでそれほどゴミが入らず、清掃センターを何往復かしたみたいです。
大きなゴミは、わたしの家のキャラバン君に入れて清掃センターに持ち込みました。
後からオットに聞いた話ですが、レンタカー屋さんで軽トラックやハイエース、キャラバンを借りる方法もあるそうですね。
軽トラックのレンタカーがあるなんて、知りませんでした。
 
家具は、粗大ゴミとして市区町村に引き取りに来てもらう方法があります。
これも、手続きが若干面倒。
市区町村によって手続き方法が異なるので、市区町村の広報などでご確認を。
 
お金をかけてでも手間を省きたいなら、業者にゴミの処分をお願いする方法もありそうですが、事前の打ち合わせなどが却って面倒そう笑
どうなんでしょう。
 
 
どうしても清掃センターへの持ち込みが難しいなら、いつもの家庭ゴミと一緒に回収してもらう方法もあります。
市区町村によっては1回あたりのゴミの量の上限などがある場合もありますので、事前に確認しておくと良いです。
例えば、わたしの住んでいた自治体では、布団を燃えるゴミとして出してもOKでしたが、その数に上限がありました。
一世帯が1回につき2枚まで。
ビビリなので、1回につき1枚出す長期戦をしたことがあります。
 
 
 

実家の断捨離で最も大事なこと

ここには書いていませんが、実家の断捨離で最も大事なのが、準備以前に、親に断捨離を決意させることだと思います。
それに関してはすみません、わたしは未経験(引っ越しのため断捨離せざるを得ない環境だった)のため、みなさまにあれこれ言える立場ではありません。
 
代わりに、参考になるサイトさまを貼っておきます。
 
 
実際にご実家の断捨離をされた経験からのコツをつづっていらっしゃいます。
なるほど納得。

minimalist-fudeko.com

 

こんなNAVERがあるなんて笑

matome.naver.jp