ものぐさミニマリスト、ミニマルを仕組み化する。

あまりの物欲に、1周半回ってミニマリストになってみたNairが綴る、シンプルライフのコツ。

【余談】わたしとDVF偏愛期

スポンサーリンク




こんにちは、ものぐさミニマリストの、Nairです。

昨日の記事の続きを書こうと思いましたが、あと7日ほど寝かしてから書いたほうが良さそうな状況になりました。

もしよければ、わたしの物欲ぐずぐずの話題にお付き合いください。

http://d2gghudkay3hy2.cloudfront.net/blog/wp-content/uploads/2015/09/DVF_SS16_RUNWAY_664px.jpg

デザイナーのダイアン先生。御年69歳。ステキ過ぎ。 

 

 

DVFとの遭遇と「ホントウに好きな服」

わたしがダイアンフォンファステンバーグ(以下、DVFとします)というNYの洋服ブランドと出会ったのは、今から約8年前。

仕事に着ていける、きちんとしたワンピースが欲しいなあと思い、ネットで検索したのが始まりです。

当時は地方に住んでいて、DVFの店舗なんてありません。

もっぱら通販を利用し、暇を見つけてはDVFのサイトや海外のデパートのサイト、ヤフオクを眺めていました。

※サックスフィフスアベニュー、簡単に個人輸入出来るのでオススメです^^

 

特に思い入れが強いのが、このワンピ。

DVF Boka Wrap Dress

http://www.highheelconfidential.com/wp-content/uploads/2009/08/sophie-chaudhary-daddy-cool-diane-von-furstenberg.jpg

 

なんて言うのかな、これ1枚で世界が出来上がっちゃっているような気がします。

所々に現れたピンクがもう、好き過ぎて、気絶しそうです。

未だに大好き。

たまたま海外のサイトでこのワンピースを見つけ、でも、見つけた時点から2〜3年くらい前のワンピースだったので取り扱いがなく、あとはヤフオクで中古の品が出るのを待つしかないなあと、半年くらい粘りました。

ヤフオクでも、大きなサイズのものはいくつか出品されていたのですが、わたしに合うサイズがなかなか出品されなかったんです。

出品されているのを発見した時には、もう感動で泣きそうでした。

(涙目で鼻をすすっていたと思います)

中古なりの使用感はありましたが、その後を引き継ぎ、袖の付け根の布地が薄くなるまで着倒しました。

処分する際は神社に納めたくなるくらい、ホントウに大好きなワンピでした。

 

 

久々にどストライクワンピを発見。

先日の霜鳥先生のカウンセリングを受けて、『「ホントウに好きな服」って、あのラップワンピのことを言うんだろうな』と、当時のことを思い出しました。

頻繁にクリーニングに出すのが面倒で、自己流断捨離で相当数のDVFを処分したのが、非常に悔やまれます。。。(霜鳥先生のご著書を読んで、頻繁にクリーニングに出す必要がないと分かってからの悔やみようといったら!)

そんな思いを胸にDVFのサイトの過去記事を見ていたら、わたしにどストライクのワンピースを発見してしまいました。

f:id:nair0life:20160524221213j:plain

www.dvf.com

 

この布地のラップワンピです、上がシルクジャージー、下がシルクシフォンの。 

ファーストインプレッションで吐血しそうでした。

これ多分、わたしの為にダイアン先生が作ってくれたんだと思います(笑・大嘘です)

前述のBoka並みのインパクトを、久々に受けました。

2015年の秋冬に発表されたモノなので、今ならまだ出回っているかな。

 

ただ、霜鳥先生にショッピング同行をお願いした手前、「衝動買いしちゃいました(てへぺろ)」はナシだなと思います。

1週間ほど保留にして、キモチを落ち着かせてから再考したいと思います。

 

・・・物欲ぐずぐずで、すみません。

 

参考

【DVFのサイト】英語が分からないなりに、楽しく拝見しています^^

www.dvf.com

 

【サックスフィフスアベニュー】1日見ていても飽きません(笑)個人輸入できますよ^^

http://www.saksfifthavenue.com/