読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものぐさミニマリスト、ミニマルを仕組み化する。

あまりの物欲に、1周半回ってミニマリストになってみたNairが綴る、シンプルライフのコツ。

【断捨離】ミニコンポを断捨離。そして家族の価値観との付き合い方。

スポンサーリンク




こんにちは、ものぐさミニマリストの、Nair@デュアルライフです。

週末は地方の家で過ごします。

 

先週、地方の家で、ミニコンポを断捨離して、ラジオ付き時計を導入しました。

理由と経緯は以下のとおりです。

 f:id:nair0life:20160521082219j:image

 

 

1.オットとの会話

ないあ(以下・な)「このミニコンポ、いらなくね?CDはしばらく聞いてないし、MDなんて絶滅危惧種でしょ」

オット(以下・オ)「いや、いるんじゃ~」

な「使ってるの、アラーム代わりのラジオだけでしょ(注:我が家では朝の5時からNHKラジオがそこそこ大きな音量でかかります)」

オ「ほかに、時間が来たらラジオが鳴るのがあれば、捨ててもええけどよう」

な「なら、東京の家に、使ってないラジオ付き時計があるわ」

 

2.東京の家からラジオ付き時計を持って帰る

な「アラームセットしてみたけど、どうだった?」

オ「調子ええわ。ラジオのチャンネル間違ってたから、直しておいたぞ。」

な「じゃあ、ラジオ付き時計はこのまま使ってみるかい?」

オ「そだのう。」

 

 

若干デフォルメしてしまいましたが、以前からオットとはミニコンポは処分しても良いかなあと言っていました。

朝のアラーム代わりにしか使っていなかったのに、場所は取るし、掃除は面倒だし、思うところがお互いあったのです。

 

気づいてみるとミニコンポは姿を消し、定位置がなく各地を彷徨っていたノートパソコンがミニコンポ跡地にちょこんと置いてありました。

f:id:nair0life:20160521082326j:image

オットが断捨離してくれたようです。

オットの独身時代より今に至るまで、20年近くお世話になったミニコンポに感謝。

 今では、朝のNHKラジオは、レクソン君が頑張って鳴らしています。

 

 

家族の価値観と断捨離

わたしが断捨離するのは、自分のモノと、家族の共有物や家族のモノのうち同意が取れたものだけ、と決めています。

先日、オットのコートの量があまりにも多いので、「くたびれている3着、処分してもいいかい?」と宣言し、オットも一時的に同意したものの、結局2着しか処分できなかったことがあります。

f:id:nair0life:20160521082406j:image

それでもオットを責めることはしません。

あの、へろへろにくたびれたトレンチコート(恐らく新卒時に購入したものと思われる)を本当に再度着用する日がくるのか、非常に疑問ではありますが。

 

ミニマリストの皆さまのなかには、家族がマキシマリストで困っている方もいらっしゃると思います。

スッキリ気持良く暮らしたいのに、隣でごちゃごちゃしていると、イライラしてしまいますよね。

ただ、家族と言っても他人。

他人の価値観は変えられません。

他人を変えることはできないので、わたしは、自分のモノ、自分が影響できる範囲だけにフォーカスし、あとは風景だと思って生きていこうと思います。

 そんなわたしを見て、家族は家族なりのモノとの向き合い方を考えてくれればいいかなあと思います。