読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものぐさミニマリスト、ミニマルを仕組み化する。

あまりの物欲に、1周半回ってミニマリストになってみたNairが綴る、シンプルライフのコツ。

【実家の断捨離】ゴミを300㎏捨てる(トータルで1t)

スポンサーリンク




こんにちは、ものぐさミニマリストのNairです。
実家の引っ越しの手伝いで、清掃センターにゴミを捨ててきました。
 
f:id:nair0life:20160514164859j:image
 
見苦しすぎるので、モノクロで失礼します(^^;
 
f:id:nair0life:20160514170216j:image
 

キャラバンでゴミ捨て300kg@清掃センター

 
キャラバン2回、300㎏。
 
しかもこれ、実は、、、
 
先週も、その前の週も、捨てに行ってます。
トータルで1tは捨てているのではないかなあと思います。
 
 
 
就職で実家を出るときに、私の荷物はすべて整理していきました。
私には兄弟がいますが、同じく荷物は残していません。
ということは、父母2人だけで、1t。
前の家には35年住んでいましたから、荷物はどうしても溜まりがちになります。
でも、それにしても荷物が多すぎではないかなあ。
団塊の世代で、モノが足りない時代を知ってるから、溜め込んでしまうのかな。
 
 
 

実家の断捨離(生前整理)で感じた、シンプルな暮らしのメリット

1/4の狭さの家に引っ越すという強制イベントのおかげで、父母の荷物の生前整理が出来ました。
これが、例えばあと10年後、父母が亡くなったシチュエーションでの整理を考えると、ゾッとします。
その時の自分の年齢を考えると、体力的、時間的余裕がなく、業者さんにお願いするしかなかったはず。
 
モノを増やした後のメンテナンスや管理、捨てることなどを考えると、荷物は少ないに越したことはないなあと思います。
まして、自分以外の人のモノを捨てるのは、ものすごくエネルギーがかかる作業だと胸がいっぱいになりました。
あとで母に聞きましたが、今回処分したモノの中には、今は亡き母の母親(わたしの祖母)の荷物も少なからずあったらしいです。
母曰く「おばあちゃんが亡くなった時に半分くらい処分したが、全て捨ててしまったら化けて出てきそうなので捨てられなかった」とのこと。
生前に、機械的に捨てられるような仕組みを作っておけば、後に残された母も淡々と処分できたと思いますが、なかなかそうはいきません。
そうなると、なるべくモノを減らして、シンプルに暮らすほうがよさそうだな、と思います。
 
わたしも、今のところ不死身の予定はありませんので、なるべくシンプルな暮らしをしようと気持ちを新たにしました。
 
 
 
実家はまだ片付けが必要です。
私や兄弟が使っていた部屋や納戸のクローゼット(合計押入れ3個分くらい)に、母の服がぎゅうぎゅうに入っているのを見つけてしまいました、、、。
来週には家を不動産屋さんに引き渡さないといけないはず。
大丈夫かしら。