読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものぐさミニマリスト、ミニマルを仕組み化する。

あまりの物欲に、1周半回ってミニマリストになってみたNairが綴る、シンプルライフのコツ。

【公開】バッグの断捨離と黒歴史

スポンサーリンク




こんにちは、ものぐさミニマリストのNairです。

以前のブログでわたしのバッグを掲載していましたが、こちらのブログでも貼っておきたいと思います。

 

f:id:nair0life:20160511180948j:image

 

 

バッグは6つ。数を絞る際に考えたこと。

 
上:①ジバンシーのショルダーバッグ(黒)

普段の通勤から休日、1〜2泊の旅行はこのバッグで。

革が柔らかくて使いやすいので酷使しています。3年くらい使ってます。

 

中左:②コーチのショルダーバッグ(紫)

休日用。1泊の旅行もこれでいけました(笑)

エナメル素材でつやつやしているのがお気に入り。5年以上使ってます。

 

nair0life.hatenablog.com

 

中中:③ジバンシーのポシェット(黒)

冠婚葬祭などかっちりした時用。

財布が大きいので大きめのものを撰びましたが、もう少し小さくてもいいかなあ。

検討の余地あり。

 

中右:④ノーブランドのトートバッグ(黒/花柄)

リバーシブルタイプです。仕事用のサブバックや、買い物バッグとして使用。

 

下左:⑤ロエベのハンドバッグ(紺)

仕事や休日のお出かけで、ちょっとカッコつけたい時に使用。

使用頻度は高くありませんが、ものすごく気に入っているため、観賞用としても活用中。

 

下右:⑥シャネルのボストン(黒)

2〜3泊の旅行や、泊付きの出張で使用。

今はデュアルライフ中のため、毎週使用しています。かれこれ10年のお付き合い。

 

これらの他、登山用のザックと、買い物用のエコバック、スーツケースがあります。

 

 

 

バッグの数を6つに絞る際に考えたのは、「自分の生活パターン」。

わたしの24時間365日を考えた際、仕事が7割、プライベートは3割程度。

そう考えると、オフの時にしか使えない②のようなバッグはあまり数多く無くてもよいはず。

バック6個 の 3割分 = 1.8個あれば十分です。

そして旅行用のバッグも、出張のことを考えると、派手だったり、重量が重かったりすると色んな意味で辛くなります。

 

バッグの個数や内容は個人のライフスタイルによって大きく変わりますので、正解はありません。

バッグに限らず、他の方の「持ち物公開!」は見ていてとても楽しいですが、あまり影響されすぎないように意識しています。

なので、わたしのこの記事も「ふーん」程度に思っていただけると嬉しいです。

 

 

 

 マキシマリストだった頃の黒歴史@バッグ

バッグにまつわるこんな黒歴史があります。

  • 「○○のバッグが人気」と聞くと、買わずにはいられず。
  • ネットショップでの衝動買い→想像と違ってがっかり、は数知れず。
  • リサイクルショップで可愛いブランドバッグを見つけると、使用用途も考えず「可愛くて、安い」を理由に購入。
  • 財布がデカくなって、使えなくなったバッグ多数。でも処分せず放置。
  • 「色が好き」という理由だけで購入したバッグもある。使用せず放置。
  • お気に入りのポシェットが、脱走したペットのリスに齧られた。でも、もったいなくて捨てられず、結局放置。

この状態に追加して、マキシマリスト現役続行中の母から回ってくるお下がりもあり、もう大変な状態でした。

 

数を絞りに絞り、現在の6つになったのは、ここ3ヶ月くらいのことです。

感謝の気持ちと申し訳なさが入り交じった状態でリサイクルショップに持ち込みましたが、あまりよい値段にはなりませんでした。

数が多いと、それだけメンテナンスしきれませんから、当たり前のことです。

換金目的ではなく、わたし以外のどなたかに大事に使ってもらえたら、という理由で持ち込んだのでそれほどがっかりしませんでしたが、これらのバッグを買わずにお金としてもっていたなら、もっと良いお金の使い方があったのになあと、自分の人生の選択を無意識に狭めていたことに気付きました。

 

 

 

ミニマルであることは自分との対話の延長であり、感性と理性の統合を表現する手段だなあと、心の底をじんわりさせながら数を絞りました。

②と③を統合して、バックが5種類になる可能性はありますが、今のところ、このラインナップでの暮らしが気に入っています。