読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものぐさミニマリスト、ミニマルを仕組み化する。

あまりの物欲に、1周半回ってミニマリストになってみたNairが綴る、シンプルライフのコツ。

靴の浸水と、靴や洋服のコスト感について。

ファッション ミニマルとお金・節約

スポンサーリンク




こんにちは、ものぐさミニマリストの、Nairです。

雨を理由に履いたスニーカーがまさかの雨漏り。 

くたびれてきたから、そろそろ買い替えようと思っていた矢先の出来事でした。
 
f:id:nair0life:20160509205143j:image
 

 

量販店で確か3,000円くらいで購入したと思います。
4ヶ月程度着用。
洗う以外のメンテナンスはしていません。
 
1年あたりのコストに換算すると、9,000円。
3,000円÷4ヶ月×12ヶ月。
 
新しいスニーカーを買うまでもう少し頑張って欲しかったですが、通勤で履きまくり、週末も酷使したから、まあ良しとするしかないかなあ。
 
これからの季節、浸水するスニーカーは辛いもの。
 
 

靴や洋服のコスト感は1年あたりの金額で考えてみる。

 
靴や洋服を購入する際の目安として、1年あたりのコストで考えてみるのも良いかも知れません。
 
その際、減価償却は考えません(だって面倒だもの!)。
使えそうな期間も、ざっくりで。
 
 
わたしの感覚だと、
 
オンオフ兼用のもの・・・25,000円/年
 
それ以外・・・10,000円/年
 
この金額を越えてしまうと、購入に躊躇してしまいます。
 
例えば、25万円のコートでも、10年着られそうなら、1年あたりのコストは25,000円。
 
1万円のコートでお買い得!だけどせいぜい1シーズンしか着られなさそうなら、1年あたりのコストは40,000円。
 
この場合、わたしは1万円のコートは買わないです。
 
 
 
人それぞれ金銭感覚は異なりますので、わたしの考えは数ある中の一つとして受け止めていただけたら嬉しいです。
わたし自身、この考えで来年も暮らしているかどうかはアヤシイです(笑)
 
 
 
今まで履きまくったスニーカーに感謝しつつ、新しいスニーカーへの妄想を膨らませようと思います。